社訓

⼀、常に規律を尊び責任を重んじましょう

⼀、常に技術を向上し信頼を得ましょう

⼀、常に敬愛を旨とし協調に努めましょう

⼀、常に⼈に愛される製品を作りましょう

⼀、常に⼈に愛される社員になりましょう

⼀、常に⼈に愛される会社になりましょう

経営理念

『世界の欲しいをかたちに』

私たちはお客様のニーズに対し、きれいイノベーションへの挑戦で
夢・驚き・感動・未来をカタチにします。
全ては世界に愛されるパートナーとして。

※ 「きれいイノベーション」とは:私たちの製品・技術・品質・環境が、常に「きれい」であるために成すべき取り組み。

サステナブルポリシー

1. 商品

お客様やパートナーとともに、社会・環境課題を解決する技術を創出し、世界の人々のくらしの価値を高め、持続可能な地球の未来と社会の発展を目指します。

2. 地域社会、社員との協調

経営理念を共有する全ての従業員に、対話の機会や快適な職場環境、成長の場を提供します。また、多様な文化・価値観を尊重し、課題に真摯に取り組み、地域の発展に貢献します。

3. サプライチェーン

事業活動が社会や環境に与える影響に配慮し、購入先様とともに、CSR調達を推進します。

4. 人材育成・イノベーション

多様な人々が能力や専門性を最大限に発揮し、互いに活かし合える社内風土を醸成します。そして、地球規模の課題解決に向けた革新的市場の変革に挑戦する人材育成機会を提供します。

5. 環境

私たちは、持続可能な社会の実現を目指し、環境価値の創出を通じた事業発展に取り組みます。そのために、事業活動を通じて適用される要求事項を順守し、環境課題の改善を進めるとともに、社会の人々から共感を得て環境取り組みを拡大します。

サステナビリティとは(Sustainability)とは、広く環境・社会・経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にしていくという考え方のことを言う。

経営・品質・環境目標

1. 『きれい』品質で、クレーム、ヒューマンエラーの削減

  1. 社外クレームの削減
  2. 社内クレームの削減
  3. Fコストの削減
  4. ヒューマンエラーの削減

2. 『きれい』環境で、サステナビリティの視点で気候変動への具体的な対策として、ムダな原材料・エネルギー資源の削減、ムダ・ムラのない作業の効率化

  1. 原材料使用量の削減(少金化、少Ni化等)
  2. エネルギー資源消費量の削減又は維持(水、電気、重油、都市ガス)
  3. 廃棄物排出量の削減又は維持
  4. 紛争地域の鉱物等の不使用
  5. 創意工夫による作業の効率化に関する改善の提案
  6. ムダな仕組みの見直し(ニ重管理の見直し、仕組みの効率化、簡素化、IT化)

3. 『人に優しく、人を大切に』を具体化し、具現化する

  1. 安全、安心な職場環境づくり
    1. 安全衛生委員会や安全パトロールを活用し、労災、事故(化学事故、公害防止)、火災を絶対に起こさない環境をつくります
    2. 5S3定の徹底(掃除の徹底、結晶物除去、接点磨き、切削屑清掃、ごみ・ケバ対策、生産設備の保守保全)
    3. 化学系企業としての責任における 環境設備における保守保全の徹底

経営・品質・環境目標への取組み

経営・品質・環境目標(MS目標)を達成するためにプロジェクトチームや各事業所の各部門及びスタッフ部門は、与えられた役割を果たすべく実行計画を策定し、取組みを行います

CAP-Doキャップドゥで、きれいイノベーション

紛争鉱物に対する対応について

コンゴ民主共和国及びその周辺諸国(DRC諸国)で産出される鉱物の一部は、非人道的な行為を行う武装勢力の資金源となっていると言われています。その中で、2010年7月に「金融規制改革法」(ドッド・フランク法)が成立し、第1502条において、紛争鉱物(コンフリクトミネラル)としてコロンバイト-タンタライト(タンタル)、錫石(錫)、金及び鉄マンガン重石(タングステン)が挙げられ、米国上場企業は使用状況の開示を義務付けられました。

上記に対して国際的な取り組みが行われている中で、大和電機グループは、サプライチェーンの一企業として社会的責任を果たすために、紛争鉱物の不使用に取り組んで参ります。

方針

非人道的活動につながる紛争鉱物を使用しません。
資材調達における調査で、紛争鉱物であることが判明した場合には、直ちに取り引きを停止します。
非人道的活動につながる紛争鉱物を使用しません。紛争鉱物に限らず、非人道的活動につながる資材であることが判明した場合は、直ちに使用を停止します。

2015年9月1日大和電機工業株式会社