SDGs(ESG経営)

長野県SDGs推進企業登録


2022年11月、当社は長野県が創設した『長野県SDGs推進企業登録制度』の第14期登録企業になりました。

ESG経営

Environment(環境)/Social(社会)/Governance(ガバナンス)。
大和電機工業は環境や社会に配慮しながら企業統治に取り組み、健全で持続可能な発展を目指します。

environment

環境への取り組み

環境負荷低減活動として、省エネ、節水、原材料使用量削減などの活動に取り組んでいます。

CO2の排出削減

工場設備の各機器を高効率機器へ転換、再生可能エネルギーの導入などにより、CO2の排出削減に繋げています。

SDGs目標7 ー ターゲット7.3

2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

CO2排出量実績と目標

送水ポンプのモーターを高効率機器へ交換


工業排水のリサイクル

めっき工程では大量の水を使用します。
この工業排水をリサイクルし、水資源の保全に繋げます。

SDGs目標6 ー ターゲット6.4

2030年までに、全セクターにおいて水利用の効率を大幅に改善し、淡水の持続可能な採取及び供給を確保し水不足に対処するとともに、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。

RO膜リサイクル装置

リサイクル率40%


環境負荷物質の低減

今まで産業廃棄物としていたスラッジを有価物とし、処理コスト削減、金属資源のリサイクルに繋げています。

SDGs目標12 ー ターゲット12.5

2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

金属成分抽出後の残渣スラブもリサイクル

コンクリートブロックや路盤材の原料に


環境法令の遵守

SDGs目標14 ー ターゲット14.1

2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。

全鍍連による認定

全鍍連による認定

social

地域・社会への取り組み

環境負荷低減活動として、省エネ、節水、原材料使用量削減などの活動に取り組んでいます。

地域美化活動

湖畔清掃、工業団地清掃、県道美化清掃への参加、エコキャップ回収などを行なっています。

SDGs目標7 ー ターゲット7.3

2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

SDGs目標14 ー ターゲット14.1

2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。

美化・清掃活動へ参加

美化・清掃活動へ参加

エコキャップ回収

100g-CO2削減(23年度実績|11月時点)


めっき技術を通じた地域社会貢献活動

めっき技術講習会などの講師として地域に貢献しています。

SDGs目標4 ー ターゲット4.4

2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。

インターンシップ受入れ

下諏訪町工業歴史説明

めっき技術講習講師

理科大 メッキ体験会


ソフトボール部の地域振興活動

当社女子ソフトボール部は昭和46年。地域の皆様に支えられて半世紀以上、ソフトボール活動を継続出来ている事に感謝し、小学生、中学生へのソフトボールの普及活動を通じて、少年少女の健全な育成に貢献しています。
2023年12月にはファンフェスタも開催。地域社会との交流も深めています。

SDGs目標4 ー ターゲット4.7

2030年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。

SDGs目標11 ー ターゲット11.3

2030年までに、包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、全ての国々の参加型、包摂的かつ持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。

ファンフェスタの様子

governance

社員への取り組み

一人一人がイキイキと働ける職場環境を作るため、働き方の多様化などに取り組んでいます。

健康経営の推進

従業員の健康を重要な経営資源と捉え、企業の生産性や価値の向上の為に従業員の健康の維持・増進を支援し、働きやすい職場環境づくりを実践していきます。

SDGs目標3 ー ターゲット3.4

2030年までに、非感染性疾患による若年死亡率を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健及び福祉を促進する。

健康企業宣言『銀』の認定

チャレンジ企画

運動施設利用券の配布

長野県 職場いきいきアドバンスカンパニー認定証


個人情報保護方針

個人情報収集、利用、提供

当社は個人情報の収集、利用、提供を行うときは、個人情報保護法、その他法令等に則り適切な方法のもとで行います。

個人情報適正管理

当社は個人情報の管理に関して、不正アクセス、紛失、破壊、改竄、漏洩などの予防並びに是正を行い、適正な管理のもとで蓄積・保管致します。

個人情報に関する法令遵守

当社は個人情報の取り扱いについて法令及びその他関連規範等を遵守致します。

継続的改善

当社は個人情報保護に関する社内体制を整備し、これを実効あるものとして運用するとともに必要に応じて見直し、継続的改善を行います。

クッキーの利用について

当サイトではクッキーを利用したオンライン広告のリマーケティング機能を採用しており、Googleなど第三者配信事業者によりインターネット上のさまざまなサイトに、当サイトの広告が掲載されます。クッキーは配信事業者各社のプライバシー・ポリシー等に基づき、配信事業者サイトに記載された範囲内において利用されます。

これらの機能は当該第三者のWebサイト内に設けられたオプトアウトページにアクセスして、当該第三者によるクッキー情報等の広告配信への利用を停止することができます。

アクセス解析について

当サイトではアクセスログの収集・解析にGoogle アナリティクスを利用しています。Google アナリティクスではクッキーを使用し個人を特定する情報を含まずにログを収集します。なお、収集されるログはGoogle社のプライバシー・ポリシーに基づいて管理されます。Google アナリティクスの利用規約、およびGoogle社のプライバシー・ポリシーについては以下をご覧ください。

個人情報取扱に関する各種お問合せ

お客様より、個人情報取扱に関する各種お問合せ及びご相談の窓口は下記のとおりです。

個人情報についてのお問い合わせ窓口

大和電機工業株式会社
本社〒3930043 長野県諏訪郡下諏訪町5197
TEL 0266-27-7379 FAX 0266-27-7925
お問い合わせフォーム


大和電機(タイランド)株式会社

会社の名称

Yamato Denki (Thailand) Co.,Ltd.


代表者

社長 Masayuki Nakayama


資本金

5,000万 THB (150mil.JPY / 大和電機工業100%)


創設

Construction 28/JUN/2005, Start business on 6 /Dec /2005


所在地

40/18-19 Moo 5 , Rojana Industrial Park , T.U-Thai, A.U-Thai, Ayuttaya Province 13210


従業員数

320 persons (Japanese staff 2 persons)Update on July 2018


加工製品

車載製品及び精密電子系製品への各種めっき加工
無電解 Ni / 電解 Ni ( 光沢、半光沢)/ 電解Sn (無光沢、光沢)/ フープめっき
Au & Sn(リフロー処 理)、PTFE(テフロン)めっき、電解Sn/Bi、電解Sn/Ni各種合金メッキ、化学研磨、化成処理 他


敷地面積

Factory #1 = 5,529㎡ Floor area: 2,250㎡
Factory #2 = 5,550㎡ Floor area: 1,875㎡
Factory #3 = 6,075㎡ Floor area: 2,275㎡
(Including Factory, Waste water treatment area)


その他

ISO9001:2008 ISO140001:2004 ISO/TS16949:2009 Certifired
※ 2018年11月にTS16949はIATF16949へ切換予定

電子コネクター用金フープめっき工程仕様

材質
(Material)
銅合金、SUS、42アロイ
(Copper alloy,Stainless steel,42alloy)
板厚
(Thickness)
0.08~0.64mm
形状
(Form)
異形形状可
(Processing is possible also in complicated form.)
製品高さ
(Height)
MAX 70mm
めっき種類
(Plating type)
全面ニッケルめっき/部分金めっき
(Whole surface nickel plating/partial area gold plating)
めっき厚
(Plating tdickness)
Ni :0.3μm~
Au:0.03μm ~ 1.0μm
金めっき幅
(Widtd of gold plating)
0.5~1.5mm
特徴
(Feature)
スポットめっきにより低コスト化が実現
(Spot plating realizes low cost.)


環境報告書

環境報告書


2022年度環境方針

『Change with you』へ、『きれいイノベーション』の実践!
〜「人」に優しく、「人」を大切に〜


経営・品質・環境目標

プロジェクト活動による目標値の達成
『きれい』品質でクレーム、ヒューマンエラーの削減
『きれい』環境で、SDGs への取り組み(ムダな原材料・エネルギー資源の削減、ムダ・ムラのない作業の効率化)
『人に優しく、人を大切に』を具体化し、具現化する
デジタル化推進

当社は電子部品等の電解・無電解金属表面処理業務、電子部品の検査業務、並びに各種機器・装置の設計・製作及び部品加工業務活動において、環境マネジメントシステムを構築し、当社の環境側面に関係して適用される法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、業務に関するリスクを具体的にし、環境負荷低減目標を具現化するために技術的・経済的に可能な範囲で継続的な環境改善を推進し、環境に配慮した活動を推進して汚染の予防と危機管理・安全管理に努め、結果として生物多様性保全に向けた取組みを行います。


環境への取組み

① 原材料使用量の削減(少金化、少Ni化等)

SDGs目標12 - ターゲット12.2
2030年までに、天然資源の持続可能な管理及び効率的な利用を達成する。

② エネルギー、水資源消費量の削減又は維持 (電気、都市ガス、水)

SDGs目標6 ー ターゲット6.4
2030年までに、全セクターにおいて水利用の効率を大幅に改善し、淡水の持続可能な採取及び供給を確保し、水不足に対処すると共に、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。
SDGs目標7 ー ターゲット7.3
2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

③ 廃棄物排出量の削減又は維持

SDGs目標12 ー ターゲット12.5
2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

④ 紛争地域の鉱物等の不使用

SDGs目標16 ー ターゲット16.4
2030年までに、違法な資金及び武器の取引を大幅に減少させ、奪われた財産の回復及び返還を強化し、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する。

⑤ 創意工夫による作業の効率化に関する改善の提案

SDGs目標9 ー ターゲット9.4
2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。

⑥ ムダな仕組みの見直し(二重管理の見直し、仕組みの効率化、簡素化、IT化)

SDGs目標8 ー ターゲット8.2
高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くなどにより、多様化、技術向上及びイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。



ソフトボール

1972年創部以来、
yamatoの女子ソフトボール部は、全国区で活躍しています。
第52回(1997年)国民体育大会なみはや国体では
全国の強豪チームを相手に3位という輝かしい成績を収めています。
yamato旋風を全国に巻き起こしています。


お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0266-27-7379

月曜〜金曜 8:30〜17:00