SDGs(ESG経営)

長野県SDGs推進企業登録


2022年11月、当社は長野県が創設した『長野県SDGs推進企業登録制度』の第14期登録企業になりました。

ESG経営

Environment(環境)/Social(社会)/Governance(ガバナンス)。
大和電機工業は環境や社会に配慮しながら企業統治に取り組み、健全で持続可能な発展を目指します。

environment

環境への取り組み

環境負荷低減活動として、省エネ、節水、原材料使用量削減などの活動に取り組んでいます。

CO2の排出削減

工場設備の各機器を高効率機器へ転換、再生可能エネルギーの導入などにより、CO2の排出削減に繋げています。

SDGs目標7 ー ターゲット7.3

2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

CO2排出量実績と目標

送水ポンプのモーターを高効率機器へ交換


工業排水のリサイクル

めっき工程では大量の水を使用します。
この工業排水をリサイクルし、水資源の保全に繋げます。

SDGs目標6 ー ターゲット6.4

2030年までに、全セクターにおいて水利用の効率を大幅に改善し、淡水の持続可能な採取及び供給を確保し水不足に対処するとともに、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。

RO膜リサイクル装置

リサイクル率40%


環境負荷物質の低減

今まで産業廃棄物としていたスラッジを有価物とし、処理コスト削減、金属資源のリサイクルに繋げています。

SDGs目標12 ー ターゲット12.5

2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

金属成分抽出後の残渣スラブもリサイクル

コンクリートブロックや路盤材の原料に


環境法令の遵守

SDGs目標14 ー ターゲット14.1

2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。

全鍍連による認定

全鍍連による認定

social

地域・社会への取り組み

環境負荷低減活動として、省エネ、節水、原材料使用量削減などの活動に取り組んでいます。

地域美化活動

湖畔清掃、工業団地清掃、県道美化清掃への参加、エコキャップ回収などを行なっています。

SDGs目標7 ー ターゲット7.3

2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

SDGs目標14 ー ターゲット14.1

2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。

美化・清掃活動へ参加

美化・清掃活動へ参加

エコキャップ回収

100g-CO2削減(23年度実績|11月時点)


めっき技術を通じた地域社会貢献活動

めっき技術講習会などの講師として地域に貢献しています。

SDGs目標4 ー ターゲット4.4

2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。

インターンシップ受入れ

下諏訪町工業歴史説明

めっき技術講習講師

理科大 メッキ体験会


ソフトボール部の地域振興活動

当社女子ソフトボール部は昭和46年。地域の皆様に支えられて半世紀以上、ソフトボール活動を継続出来ている事に感謝し、小学生、中学生へのソフトボールの普及活動を通じて、少年少女の健全な育成に貢献しています。
2023年12月にはファンフェスタも開催。地域社会との交流も深めています。

SDGs目標4 ー ターゲット4.7

2030年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。

SDGs目標11 ー ターゲット11.3

2030年までに、包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、全ての国々の参加型、包摂的かつ持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。

ファンフェスタの様子

governance

社員への取り組み

一人一人がイキイキと働ける職場環境を作るため、働き方の多様化などに取り組んでいます。

健康経営の推進

従業員の健康を重要な経営資源と捉え、企業の生産性や価値の向上の為に従業員の健康の維持・増進を支援し、働きやすい職場環境づくりを実践していきます。

SDGs目標3 ー ターゲット3.4

2030年までに、非感染性疾患による若年死亡率を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健及び福祉を促進する。

健康企業宣言『銀』の認定

チャレンジ企画

運動施設利用券の配布

『長野県 職場いきいきアドバンスカンパニー』認定

『健康経営優良法人2024』認定


採用情報

大和電機工業

採用情報

大和電機工業株式会社は
スマートフォンや電気自動車に使われる先端技術を支える
電子部品への特殊なめっき処理などを行っています

「めっき」や「精密加工」というと
なんだか難しいようですが
そこには多くの「仲間」がいます

そんな「仲間」の言葉から
実際どんなふうに
どんな環境で働いているのか
感じ取ってもらいたいと思います

私達は未来の「仲間」を
求めています

STORY

“社員みなで手を取り合って紡いでいく”

原 雅廣

代表取締役社長

代表取締役社長。1994年入社/27年目。
長年、営業担当として新規事業導入を中心に取り組む。
休日は諏訪湖畔を散歩。

STORY

“一つずつ仕事を覚えて
自信になる”

酒井 琢磨さん

2023年新卒入社/2年目

諏訪事業所 第一製造部所属。
岡谷工業高校在学中にめっきと出会い入社。

STORY

“子育てに理解のある会社”

吉江 寿美恵さん

2020年中途入社/5年目

松本事業所 第三製造部所属。
産休取得後に一度退社し、その後再入社。

STORY

“休日には家族との時間もしっかり”

小口 博生さん

2022年中途入社/3年目

諏訪事業所 技術部所属。
下諏訪町出身。関西からUターン入社。

STORY

“大好きなソフトボールに
打ち込める環境”

新海 雪奈さん

2019年新卒入社/6年目

本社 財務部経理資材チーム所属。
女子ソフトボール部 打率No.1。

STORY

“和気あいあいとした
明るい職場”

青栁 隼人さん

2020年入社/5年目

松本市出身。地元の専門学校卒業後に入社。
松本事業所 第三製造部 製造1チーム所属。
休日は彼女とドライブデート。

STORY

“研修で深く学んで、
広がる知識”

益井 哲也さん

2017年入社/8年目

諏訪市出身。高校卒業後に入社。
要素技術部所属。量産化のための試験・分析を担当。
家族と一緒に旅行をするのが楽しみ。

STORY

“みんなが
よくコミュニケーション
を取れる会社”

杉原 詩織さん

1995年入社/30年目

諏訪事業所 生産技術課 係長。
2回の産休を経て、2児の母としても奮闘中。

データで見る大和電機工業

平均採用者数

年間23

2020年〜2022年実績
総従業員数421名(2023年4月現在)

新卒定着率

91%

新卒入社社員の
3年後定着率

平均勤続年数

16.1

2022年度実績
長く務めることができる

平均所定外労働

8.5時間

2022年度実績
無理なく働くことができる

休日休暇

年間123

連休あり(GW、お盆、年末年始)
有給休暇5日以上を別途取得可能

平均有給休暇取得

年間11.8

2022年度実績
自分や家族との時間を大切にできる

福利厚生

各種保険(健康・厚生年金・雇用・労災)
退職金制度(確定給付企業年金+確定拠出年金)
奨学金返済支援制度
女子ソフトボール部
各種レクリエーション

初任給

大学院   220,000円
大学    215,000円
短大・専門 190,000円
高校    180,000円

2023年実績

賞与

2

7月、12月

昇給

1

諸手当

交通費
家族手当
役職手当

男女比

2:1

男性 : 女性
女性も活躍できる会社です

資格取得者

  • 危険物取扱者甲種 5名
  • 特級めっき技能士 4名
  • 1級めっき技能士 27名
  • 2級めっき技能士 80名
  • 2級化学分析技能士 3名
  • 水質関係第1種公害防止管理者 5名
  • 水質関係第2種公害防止管理者 18名
  • 第1種電気工事士 1名
  • 第2種電気工事士 8名
  • エネルギー管理士 2名

2023年12月時点

募集職種

  • 技術職
  • 製造技術職
  • 生産管理職
  • 品質管理職
  • 技能職
  • 事務職

問い合わせフォーム

担当者が確認次第、ご返答いたします。


    大和電機工業について


    CSR方針・経営について

    社訓

    ⼀、常に規律を尊び責任を重んじましょう

    ⼀、常に技術を向上し信頼を得ましょう

    ⼀、常に敬愛を旨とし協調に努めましょう

    ⼀、常に⼈に愛される製品を作りましょう

    ⼀、常に⼈に愛される社員になりましょう

    ⼀、常に⼈に愛される会社になりましょう

    2024年度 経営・品質・環境方針スローガン

    『Change with you』へ、
    『きれいイノベーション』の実践

    〜「人」に優しく、「人」を大切に〜

    ※ 「Change with you」とは:『Ⅰ』から『you』へ。『私(Ⅰ)の工場、私(Ⅰ)の部署、私(Ⅰ)』から、これからの大きな変革期(Change)を乗り越えるため、皆(you)と考え、皆(you)と動くこと

    経営理念

    『世界の欲しいをかたちに』

    - Giving shape to dreams -

    私たちはお客様のニーズに対し、きれいイノベーションへの挑戦で
    夢・驚き・感動・未来をカタチにします。
    全ては世界に愛されるパートナーとして。

    ※ 「きれいイノベーション」とは:私たちの製品・技術・品質・環境が、常に「きれい」であるために成すべき取り組み。

    ビジョン

    『世界最速のスピードを持って、めっき・メカトロニクスにおいて
    オリジナル技術を駆使し、新規事業を立ち上げ、新規売上10%アップ』

    サステナブルポリシー

    1. 商品

    お客様やパートナーとともに、社会・環境課題を解決する技術を創出し、世界の人々のくらしの価値を高め、持続可能な地球の未来と社会の発展を目指します。

    2. 地域社会、社員との協調

    経営理念を共有する全ての従業員に、対話の機会や快適な職場環境、成長の場を提供します。
    また、多様な文化・価値観を尊重し、課題に真摯に取組み、地域の発展に貢献します。

    3. サプライチェーン

    事業活動が社会や環境に与える影響に配慮し、購入先様とともに、CSR調達を推進します。

    ※ 法令や社会規範、企業倫理を順守し、人権・労働安全衛生・地球環境保全・情報セキュリティなど社会的責任を果たす調達活動を購入先様と共に推進すること。

    4. 人材育成・イノベーション

    様な人々が能力や専門性を最大限に発揮し、互いに活かし合える社内風土を醸成します。
    そして、地球規模の課題解決に向けた革新的市場の変革に挑戦する人材育成機会を提供します

    5. 環境

    私たちは、持続可能な社会の実現を目指し、環境価値の創出を通じた事業発展に取組みます。
    そのために、事業活動を通じて適用される要求事項を順守し、環境課題の改善を進めるとともに、社会の人々から共感を得て環境取組みを拡大させます。

    サステナビリティとは(Sustainability)とは、広く環境(E)・社会(S)・経済(G)の3つの観点からこの世の中を持続可能にしていくという考え方のこと。

    経営・品質・環境目標

    1. プロジェクト活動による目標値の達成

    1. 電子部品製品の受注による関係部署付加価値、売上アップ
      車載用、次世代通信用電子部品をターゲットに、既存顧客の掘り起こし、新規顧客の開拓により、既存部署の採算改善を図ります。
    2. 半導体ウエハ関連製品の受注による関係部署付加価値、売上アップ
      車載向けパワー半導体を中心とした無電解めっき製品市場の拡大に向けた、新規導入設備に対する受注確保、付加価値の向上を図ります。
    3. ニッチ市場製品・新分野製品の取り込みによる関係部署付加価値、売上アップ
      当社の得意技術を生かして新市場の開拓、事業化を推進します。また、周辺技術であるめっきへのプラスアルファでの商品化を模索していきます。

    2. 『Change with you』活動で、部署構造改革の実践

    1. 原価管理4項目(変動費率、一人当たり付加価値、売上、総労働時間)の目標値達成
    2. 各製造部のハード、ソフトを最適化、見直しを実施し、効率化、不採算業務・作業の断捨離
    3. デジタル化推進
      1. 工程管理ペーパーレス化の推進(帳票ペーパー類の廃止)
      2. デジタル人材強化による自部署でのデジタル改善をボトムアップ
      3. IOT、生成AI技術の導入による工数削減、見える化の推進
    4. 小集団活動 『アタック20』 によるチーム(職場)の力の強化
      1. 個人が課題、問題に気付き、自主的に解決できる人材強化
      2. 個人とチーム(職場)力の向上で職場環境の向上
      3. 職場内の課題を皆で共有し改善、解決する
    5. 設備・設計技術力の向上による加工設備、治工具の内製化強化

    3. 『きれい』品質で、クレーム、ヒューマンエラーの削減

    1. 流出クレームの削減
    2. 社内クレームの削減
    3. ヒューマンエラーの削減

    4. 『きれい』環境で、SDGsへの取り組み
    (ムダな原材料・エネルギー資源の削減、ムダ・ムラのない作業の効率化)

    1. 原材料使用量の削減【12.2】
    2. エネルギー、水資源消費量の削減又は維持(電気、都市ガス、水)【6.4、7.3】
    3. 廃棄物排出量の削減又は維持【12.5】
    4. 紛争地域の鉱物等の不使用【16.4】
    5. 創意工夫による作業の効率化に関する改善の提案(ニ重管理の見直し、仕組みの効率化、簡素化、デジタル化など) 【9.4、8.2】

    3. 『人に優しく、人を大切に』を具体化し、具現化する

    1. 安全、安心で健康な職場環境づくり
      1. 安全衛生委員会や安全パトロールを活用し、労災、事故(化学事故、公害防止)、火災を絶対に起こさない環境づくり
      2. 5S3定の徹底(掃除の徹底、結晶物除去、接点磨き、切削屑清掃、ごみ・ケバ対策など)
      3. 生産設備・環境設備の保守保全
      4. 社員一人ひとりが健康で過ごせる環境づくり
    2. 人材活用の強化
      1. 人材教育(スキルアップ、技術伝承、多能工化、原価管理、中間管理職教育、順法に沿った労務管理)
      2. コミュニケーション強化(ハラスメント、アンガーマネージメント、コーチング、傾聴、共感)
      3. 多様な人材の登用(事業所間、部門間での人材流動性)

    経営・品質・環境目標への取組み

    経営・品質・環境目標(MS目標)を達成するためにプロジェクトチームや各事業所の各部門及びスタッフ部門は、与えられた役割を果たすべく実行計画を策定し、取り組みます。

    CAP-Doキャップドゥで、きれいイノベーション

    紛争鉱物に対する対応について

    コンゴ民主共和国及びその周辺諸国(DRC諸国)で産出される鉱物の一部は、非人道的な行為を行う武装勢力の資金源となっていると言われています。その中で、2010年7月に「金融規制改革法」(ドッド・フランク法)が成立し、第1502条において、紛争鉱物(コンフリクトミネラル)としてコロンバイト-タンタライト(タンタル)、錫石(錫)、金及び鉄マンガン重石(タングステン)が挙げられ、米国上場企業は使用状況の開示を義務付けられました。

    上記に対して国際的な取り組みが行われている中で、大和電機グループは、サプライチェーンの一企業として社会的責任を果たすために、紛争鉱物の不使用に取り組んで参ります。

    方針

    非人道的活動につながる紛争鉱物を使用しません。
    資材調達における調査で、紛争鉱物であることが判明した場合には、直ちに取り引きを停止します。
    非人道的活動につながる紛争鉱物を使用しません。紛争鉱物に限らず、非人道的活動につながる資材であることが判明した場合は、直ちに使用を停止します。

    2015年9月1日
    大和電機工業株式会社


    お知らせ

    人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYAへ出展します


    人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYAへ、ものづくり支援センターしもすわブースにて共同出展します。 人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA 会 期:2024年7月17日(水)〜 7月19日(金) 時 間:10:00 ~ 17:00 会 場:Aichi Sky…

    『健康経営優良法人2024(中小規模法人部門)』に認定されました


    昨年より従業員の健康増進活動に力を入れてまいりましたが、この度『健康経営優良企業2024(中小規模法人部門)』に認定されました。初めての認定となりますが、今後も明るく健やかな職場を目指し、取組みを進めてまいります。……

    第38回 ネプコン ジャパン/国際カーエレクトロニクス技術展


    弊社では、1月24日(水)~26日(金)に、東京ビッグサイトにて 開催されます「第38回 ネプコン ジャパン/国際カーエレクトロニクス技術展」に出展いたします。 弊社ブースでは…

    ものづくりワールド九州へ出展します


    ものづくりワールド九州へ出展します。 ものづくりワールド九州 2023/11/29〜12/1 会場   :マリンメッセ福岡 ブース番号:13-35 展示会ウェブサイト https://www.manufacturing-world.jp/kyushu/ja-jp.html……

    諏訪圏工業メッセへ出展します


    諏訪圏工業メッセ2023へ出展します。 諏訪圏工業メッセ2023 2023年10月19日(木)~ 10月21日(土) 会場   :岡谷市民総合体育館、テクノプラザおかや ブース番号:063 (岡谷市民総合体育館 西体育館) 展示会ウェブサイト https://suwamesse.jp/……

    人とくるまのテクノロジー展2023


    人とくるまのテクノロジー展2023へ出展します。 第15回 国際カーエレクトロニクス技術展 2023年5月24日(水)~ 5月26日(金) 会場   :パシフィコ横浜 ブース番号:29 (ものづくり支援センターしもすわ ブース内) 展示会ウェブサイト…

    国際カーエレクトロニクス技術展


    第15回 国際カーエレクトロニクス技術展(総称:オートモーティブワールド)へ出展します。 第15回 国際カーエレクトロニクス技術展 2023年1月25日(水)~ 1月27日(金) 会場   :東京ビッグサイト ブース番号:42-7 展示会ウェブサイト…

    人とくるまのテクノロジー展2022名古屋


    人とくるまのテクノロジー展2022名古屋へ、 ものづくり支援センターしもすわブースにて共同出展します。 人とくるまのテクノロジー展2022 NAGOYAAUTOMOTIVE ENGINEERING EXPOSITION 2022 NAGOYA 2022年6月29日(水) ~ 7月1日(金)…

    人とくるまのテクノロジー展2022横浜


    人とくるまのテクノロジー展2022横浜へ、 ものづくり支援センターしもすわブースにて共同出展します。 人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMAAUTOMOTIVE ENGINEERING EXPOSITION 2022 YOKOHAMA 2022年5月25日(水) ~…


    会社概要

    会社の名称

    大和電機工業株式会社


    代表者

    代表取締役社長 原 雅廣


    資本金

    9,000万円


    創設

    1944年4月27日


    所在地

    本社

    大和電機工業 本社

    〒393-0043
    長野県諏訪郡下諏訪町東四王5197
    TEL 0266-27-7379 / FAX 0266-27-7925

    Google Mpas

    諏訪事業所

    1983年創立

    〒392-0015
    長野県諏訪市中洲4750
    TEL 0266-58-3353 / FAX 0266-53-3396

    Google Mpas

    下諏訪事業所

    1970年6月創立

    〒393-0042
    長野県諏訪郡下諏訪町北四王5183
    TEL 0266-27-3256 / FAX 0266-28-4128

    Google Mpas

    松本事業所

    1970年10月創立

    〒390-1131
    長野県松本市今井7066-3
    TEL 0263-58-5001 / FAX 0263-86-3985

    Google Mpas

    工機事業部

    1976年創立

    〒393-0043
    長野県諏訪郡下諏訪町東四王5451
    TEL 0266-27-3246 / FAX 0266-27-3243

    Google Mpas

    従業員数

    421名(2023年4月現在)



    取引銀行

    三井住友銀行 諏訪支店
    商工組合中央金庫 諏訪支店
    長野銀行 下諏訪支店
    八十二銀行 下諏訪支店


    関連会社

    1989年2月創立

    〒996-0053
    山形県新庄市大字福田字福田山711-108
    TEL 0233-22-6678 / FAX 0233-22-6607

    ホームページGoogle Mpas
    2012年創立

    40/18 Moo 5 Rojana Industrial Park,
    Tambol U-Thai.Amphur U-Thai, Ayutthaya Provience 13210
    TEL 035-741741 / FAX 035-332230

    WebsiteGoogle Mpas

    環境報告書

    環境報告書


    2023年度 経営・品質・環境方針

    『Change with you』へ、『きれいイノベーション』の実践!
    〜「人」に優しく、「人」を大切に〜


    2023年度 経営・品質・環境目標

    プロジェクト活動による目標値の達成
    『Change with you』活動で、部署構造改革の実践
    『きれい』品質でクレーム、ヒューマンエラーの削減
    『きれい』環境で、SDGs への取組み

    (ムダな原材料・エネルギー資源の削減、ムダ・ムラのない作業の効率化)

    『人に優しく、人を大切に』を具体化し、具現化する

    当社は電子部品等の電解・無電解金属表面処理業務、電子部品の検査業務、並びに各 種機器・装置の設計・製作及び部品加工業務活動において、環境マネジメントシステムを構 築し、当社の環境側面に適用される法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を 順守し、業務に関するリスクを具体化し、環境負荷低減目標を具現化するために技術的・経 済的に可能な範囲で環境に配慮した継続的改善活動を推進して汚染の予防と危機管理・安 全管理に努め、結果として生物多様性保全に向けた取組みを行います。

    環境への取組み

    ① 原材料使用量の削減(少金化、少Ni化等)

    SDGs目標12 - ターゲット12.2
    2030年までに、天然資源の持続可能な管理及び効率的な利用を達成する。

    ② エネルギー、水資源消費量の削減又は維持 (電気、都市ガス、水)

    SDGs目標6 ー ターゲット6.4
    2030年までに、全セクターにおいて水利用の効率を大幅に改善し、淡水の持続可能な採取及び供給を確保し、水不足に対処すると共に、水不足に悩む人々の数を大幅に減少させる。
    SDGs目標7 ー ターゲット7.3
    2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

    ③ 廃棄物排出量の削減又は維持

    SDGs目標12 ー ターゲット12.5
    2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

    ④ 紛争地域の鉱物等の不使用

    SDGs目標16 ー ターゲット16.4
    2030年までに、違法な資金及び武器の取引を大幅に減少させ、奪われた財産の回復及び返還を強化し、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する。

    ⑤ 創意工夫による作業の効率化に関する改善の提案(二重管理の見直し、仕組みの効率化、簡素化、デジタル化など)

    SDGs目標9 ー ターゲット9.4
    2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。
    SDGs目標8 ー ターゲット8.2
    高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上及びイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。



    環境と品質

    環境対応「ハイクオリティシステム」

    大和電機工業は、ロスの少ない加工技術や製品の品質向上が環境保全活動につながると考え、
    ハイクオリティな生産システムの構築に取り組んでいます。
    業界でも類を見ない先進の分析検査機器や、高品質部品の安定した少量多品種生産を実現する自社開発の装置による
    ハイレベルな生産・検査体制、そして水クローズドシステムなどを活用したエコロジカルな設備環境が
    当社の大きな特色となっています。

    ハイクオリティシステム

    トリオペット式純水装置
    RO膜リサイクル装置
    蛍光X線微小部膜厚計による めっき膜の検査
    外観検査
    プリント基板金めっき用精密洗浄機
    自社開発によるめっき専用電源装置

    水クローズドシステム

    お客様の満足

    高度化、小型化、高速化、省電力化etc・・・。
    精密電子部品は、さらなる高性能をめざして日々進化を遂げています。
    そして、その進化を支えるキーテクノロジーとなるのが最先端のめっき加工技術です。
    卓越した技術力で業界をリードする大和電機工業は、
    つねにオリジナリティ豊かな新技術の開発に努めるとともに、
    あらゆるオーダーに対して品質と量産の両面からご満足いただける体制を整え、
    お客様の信頼を高めるものづくりを実践しています。

    次世代のめっき加工技術


    ソフトボール

    1972年創部以来、
    yamatoの女子ソフトボール部は、全国区で活躍しています。
    第52回(1997年)国民体育大会なみはや国体では
    全国の強豪チームを相手に3位という輝かしい成績を収めています。
    yamato旋風を全国に巻き起こしています。


    事業所案内

    本社

    大和電機工業 本社

    〒393-0043
    長野県諏訪郡下諏訪町東四王5197
    TEL 0266-27-7379 / FAX 0266-27-7925

    Google Mpas

    諏訪事業所

    1983年創立

    〒392-0015
    長野県諏訪市中洲4750
    TEL 0266-58-3353 / FAX 0266-53-3396

    Google Mpas

    下諏訪事業所

    1970年6月創立

    〒393-0042
    長野県諏訪郡下諏訪町北四王5183
    TEL 0266-27-3256 / FAX 0266-28-4128

    Google Mpas

    松本事業所

    1970年10月創立

    〒390-1131
    長野県松本市今井7066-3
    TEL 0263-58-5001 / FAX 0263-86-3985

    Google Mpas

    工機事業部

    1976年創立

    〒393-0043
    長野県諏訪郡下諏訪町東四王5451
    TEL 0266-27-3246 / FAX 0266-27-3243

    Google Mpas
    1989年2月創立

    〒996-0053
    山形県新庄市大字福田字福田山711-108
    TEL 0233-22-6678 / FAX 0233-22-6607

    ホームページGoogle Mpas
    2012年創立

    40/18 Moo 5 Rojana Industrial Park,
    Tambol U-Thai.Amphur U-Thai, Ayutthaya Provience 13210
    TEL 035-741741 / FAX 035-332230

    WebsiteGoogle Mpas

    沿革

    1944年 4月

    長野県諏訪郡下諏訪町5312番地にて創業


    1970年 6月

    当時本社(現下諏訪事業所)新築


    1970年 10月

    現松本事業所新築


    1977年 3月

    現本社新築


    1983年 8月

    現諏訪事業所新築


    1989年 4月

    株式会社ヤマトテック創立


    1996年 12月

    ISO9002認証取得


    2000年 3月

    ISO14001認証取得


    2002年 12月

    ISO9001:2000認証へ更新


    2005年 3月

    研究棟竣工


    2006年 3月

    ISO14001:2004認証へ更新


    2008年 9月

    ㈲田中工業と合併し、工機事業部として運営開始


    2008年 12月

    松本事業所抵抗器関係めっき部門
    ISO/TS16949:2002 認定(JQA登録証番号 JQA-AU0199)


    2012年 6月

    ISO認証機関の変更
    ISO9001:2008 JQA-QMA14592
    ISO 14001:2004 JQA-EM6837


    2012年 10月

    株式会社シンセイと合弁会社
    Shinsei(Thailand)Co,.LTDを設立


    2014年 1月

    JISQ9100:2000認証取得(工機事業部 航空宇宙関連部門)


    2017年 11月

    IATF16949:2016へ認証更新


    2017年 12月

    ISO2015年版へ移行
    ISO9001 :2015/JIS Q 9001:2015
    ISO14001 :2015/JIS Q 14001:2015


    2019年 1月

    Shinsei(Thailand)Co,.LTDを100%子会社化し、Yamato Denki (Thailand) Co.,Ltd.に改称


    2021年 1月

    2020年度 諏訪事業所IATF16949:2016認証取得